福岡の街で楽しく子育てするためのウェブサイト

原作:吉田修一×監督・脚本:李相日のタッグ再び。 映画『怒り』をご紹介します!

Check

こんにちは!『子づれ DE CHA・CHA・CHA!』編集部です。
夏は、エンターテインメントに触れるよい機会!
今年も続々と話題の映画が公開されていますね。

そこで今日は、今年の映画賞受賞有力候補と筆者のなかで評判の
イチオシ作品をご紹介します。
それは、9月17日に公開される映画『怒り』。
2010年に空前の大ヒットを記録した映画『悪人』を送り出した
原作:吉田修一と監督・脚本:李相日のタッグに
音楽:坂本龍一が加わり、さらに豪華俳優陣が集結した意欲作です。

20160810blog01.jpg

物語の軸は、3組の若者による群像劇。
颯爽とスーツを着こなすビジネスマン藤田優馬(妻夫木聡)は
東京・歌舞伎町の街で大西直人(綾野剛)と、
数ヶ月の家出から千葉の港町に戻ってきた槙愛子(宮﨑あおい)は
父親が働く漁港で田代哲也(松山ケンイチ)と、
そして、母親とともに沖縄の離島へ越してきた女子高生
小宮山泉(広瀬すず)は
バックパッカーの田中信吾(森山未來)とそれぞれ出会います。

3人はともに素性があいまいで、諦めにも似た「怒り」を抱えつつ、
広く大きな視点で人生を捉えているような人物。
謎めいた魅力に引き寄せられるように、3組それぞれの関係を構築していきます。

そんなある日、警察が逃亡を続ける凶悪殺人犯の新たな指名手配写真を発表。
 どことなく、出会った男に似ているーー。
そんな小さな思いつきが、それぞれの関係性に変化をもたらせ、
事件の解決につながっていくのです。

本作で唯一、“親”の立場で物語に関わるのが、槙洋平役の渡辺謙さんです。
「親だから」「子を思って」とる言動に、きっと多くのママ・パパが深く共感し、
同時に、子どもから投げかけられる真っ直ぐな問いかけに
ハッとさせられるに違いありません。

愛した人が犯罪者かもしれない、と思い至ったとき、
自分はどう行動するだろうか。
「信じる」ことを問い直され、見終わった後でなお思いめぐらされる映画です。
ぜひ、ご覧ください。


映画『怒り』
http://www.ikari-movie.com/
©2016映画「怒り」製作委員会
2016年9月17日(土)全国東宝系にてロードショー
 



かかりつけ医を探そう。福岡の病院一覧

福岡の教育機関情報

福岡のお出かけ情報

お得な!無料下院登録

絶賛放送中 子づれDECHACHACAH

おめでた婚・いま婚・パパ・ママキッズ婚

福岡の街を変え続けているCHA CHA CHAヒストリー

読者の声

夢をカタチに!ママフェッショナルメンバー募集

弊社代表番組放映中

子育て、女性の生き方、広報作りなど、編集長・スタッフがあなたの街に講演に行きます

マミーズサミット全国ネット

福岡県子育て女性就職支援センター 働きたいママ応援サイト

  • 会社概要
  • 個人情報保護方針
  • 企業の皆様へ

たいせつにします プライバシー