TOP子育て戌の日に安産祈願のお参りに行こう!
  • 子育て

戌の日に安産祈願のお参りに行こう!

日本では古くから、妊娠5カ月目に入った最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産祈願のお参りをする風習があります。
カレンダーで戌の日を確認して、家族で神社やお寺に安産のご祈願に行きましょう。
取材協力:筥崎宮

戌の日って何?

 「戌(いぬ)の日」とは、十二支の11番目で、12日に一度めぐってくる日のこと。お産がかるく、たくさんの子を産む犬(戌)は昔から安産の守り神として人々から愛されています。それにあやかり、戌の日には、妊婦さんと赤ちゃんの健康を願って、安産祈願を行うようになったと言われています。

戌の日カレンダーはこちら

安産祈願はいつ行く?

 「帯祝い」は、妊娠5カ月目の最初の戌の日に、妊婦さんが腹帯を巻いて安産をお祈りする儀式のこと。時代や地域によって風習に違いがあるようですが、最近では戌の日に限らず、安産祈願の神社やお寺で、ご祈祷を受け付けているところも多いようです。有名な神社やお寺などでは、毎日受け付けをしている場合が多く、予約も特に必要ありませんが、念のため、事前に電話にて確認することをおすすめします!

安産祈願にかかる費用は?

 安産祈願をするときに支払う料金のことを「初穂料(はつほりょう)」といいます。初穂料のはっきりとした金額は決まっていませんが、5000円〜1万円くらいを基本料金に設定していることが多いようです。受付で尋ねてみましょう。神社によって授与品もさまざま。いろいろと調べてみるのも楽しいですね。ちなみに、安産、子どもの成長を見守る神様で有名な「筥崎宮」では、初穂料は5,000円。ご祈願の後、お札とお守り「安産勝守」を授与品としていただきます。

産後もお参りするの?

 出産したら、お礼参りに行きましょう。お礼参りとは、神社仏閣に願をかけて、それが成就した時に、お礼として礼拝したりお布施したりすること。出産後、感謝のお参りをして、お守りやお札をお返ししましょう。初宮参りとは、もともと子どもが地域で氏子入りをする儀式だったといわれています。両親や祖父母と一緒に、地域の氏神さまに参拝して、子どもが健やかに成長するように願います。参拝の日は地方によって違いますが生後30日前後。無理をせず、母子の体調が良い時にお参りしましょう。

この記事もおすすめ

ページの上へ戻る