ȥåפᤁE/a>  ѥEɺȯ  Ͽ          褦 CHA3ɼ ͡

桼̾ ѥE
 
 メインメニュー
 ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失  |新規登録


(1) 2 3 4 ... 76 »
くちコミ情報【一般】 : お母さんとお父さんの楽しい子育てセミナーが開催されました〜宗像地区〜
 投稿者: admin 投稿日時: 2017/9/26 11:20:00 (0 ヒット)
くちコミ情報【一般】


去る 8月 5日(土)、宗像地域医療センターで開催されたセミナーに
たくさんのプレママとパパが熱心に耳を傾けていました。
福津市のあいだ医院 院長 間 克麿 先生が総合司会で会は進行し、
「宗像地区における、小児科の上手なかかり方」あさひ小児クリニック 院長 旭 隆宏 先生
「乳幼児期に必要なワクチンのスケジュール」久留米大学医学部 小児科学講座 講師 津村 直幹 先生
「妊娠出産におけるメンタルヘルスケア」独立行政法人国立病院機構九州医療センター 産婦人科 佐藤 由佳 先生
赤ちゃんを迎えるにあたって心の準備や子育てに必要な情報が満載。
「出産前に聞いておいてよかった」と参加者のほっとした表情が印象的でした。

お父さんの育児について、赤ちゃんの心配な症状や特徴など
役立つ情報がたくさんの

   ↑↑↑↑↑
はじめてのママ・パパへ
〜出産前後子育て支援パンフレット〜など
持ち帰って繰り返しおさらいのできる資料もたくさん。

地域の医療や健康に関する情報やイベントなどホームページでリリースされます
http://www.munakata-med.or.jp  一般社団法人宗像医師会
要チェックですね!

Comments?
くちコミ情報【一般】 : にっしん福岡校 子どもの潜在力を引き出す
投稿者: admin 投稿日時: 2017/9/4 13:50:00 (20 ヒット)
くちコミ情報【一般】

子どもの潜在力を引き出す

 早良区西新のにっしんでは、1歳から積み木を使った能力開発を行っています。
 早期教育というと、後からでも学べることを先取りして教えるというイメージもあるかもしれませんが、にっしんのカリキュラムは、その時期にしかできない能力開発で子ども自身の潜在力を引き出す、ほかにはない独自の教育法です。

 1歳からの知能教室は、年齢に関係なく脳の領域ごとに多様な刺激を与えるカリキュラムが用意されています。立体を形作ったり、複雑な模様を再現する、それも左右反転や裏から見た場合、など見本を頭の中で変換して作り上げる、など、子ども自身のチャレンジ精神を刺激し、一つできたらさらに次の課題へと取り組む中で、さまざまな能力を鍛えています。
 能力別クラスの算数教室は、数を自由自在に操る、とでもいうような子どもたちの力を目の当たりにすることができます。ペーパーテストではなく、積木という形のあるもので回答を導き出すプロセスで、脳のいろいろな部分を使い数学的な思考力、さらに、見る、聞く、という集中力も高めます。消極的なお子さんでも、できたという自信から手を挙げ、みんなの前で発表したり、思わぬ姿を見ることもできます。
 さらに、月に2回、集中講座というプログラムが用意され、未就学の子どもたちでも朝10時から夜19時まで、みっちり8時間、少しずつ難しくなる算数教室はついていけるところまでチャレンジし、精一杯がんばったらその後は、知能教室で自分のペースで力を伸ばす、という知的マラソンのような体験ができます。小さな子でも、きちんと指導者がフォローしていけば、これだけの長時間、フルに頭脳を働かせる力があるということに驚かされます。

 にっしんは、高知県でスタートし、今では全国で延べ22都府県、約80箇所の幼稚園、保育園、幼児教室、学習塾に導入され、約2万5千人の子どもたちが学んでいます。直営の教室は高知、東京、岡山、福岡の4校しかなく全国から子どもたちが集まっています。見学や無料体験、講演会に参加し、ご自身の目で確かめてみてください。

************************************
積み木教育の元祖・川野会長先生による
9/25(月) 子育て講座
************************************
お問い合わせ・ご予約など詳しくは
フリーダイヤル 0120-371152
※にっしんの積み木教育に関わりたい方からのお問い合わせも承ります。


にっしん福岡校
福岡市早良区西新1-3-12 NCビル2・3F
TEL.092-843-7615(福岡校直通)
※日曜・月曜休み/不定期休あり
http://www.tsumiki-fukuoka.com/
※無料で体験・見学できます
 (事前にお電話でご予約ください)

Comments?
くちコミ情報【一般】 : 公益財団法人 がんの子どもを守る会 九州北支部 第47回講演・交流会のお知らせ
投稿者: admin 投稿日時: 2017/8/18 15:30:00 (22 ヒット)
くちコミ情報【一般】

          九州山口小児血液・免疫・腫瘍研究会合同企画
        がんの子どもを守る会九州北支部 第47回講演・交流会
          子さまを亡くされたご家族の集いのお知らせ

小児がんでお子さまを亡くされたご家族の方を対象に講演・交流会をいたします。
「種まく子供たち」(ポプラ社)の編著者でもある佐藤律子さんをお迎えし、
お子さまへの想いや近況などを語り合いたいと思います。その後「Insheart」のお二人による
ミニコンサートも行います。今回は1日限りのギャラリーを開設しますので、よろしければお子さまの
思い出のお品物をお持ちください。写真、おもちゃ、本などなんでも結構です。
 ※今回は申込みは不要です。ご自由にご参加下さい。

日時  平成29年9月9日(土) 13:30~16:00 (13:00より受付)
会場  九州大学医学部百年講堂1F 中ホール(講演会) 九州大学医学部同窓会館1F(交流会)
     住所 福岡市東区馬出3-1-1(馬出九大病院前駅(6)から徒歩約3分)
      Tel  092-641-1151(代表)

              プ ロ グ ラ ム
     <受付開始>  13:00~
     < 開  会 >  13:30~

<九州山口小児血液・免疫・腫瘍研究会合同企画> 13:30~14:30
    【講演会】 佐藤律子さん「種まく子供たち・種まく大人たち」
    (プロフィール)
     作家。
     童話や児童文学などを著す。次男を小児がんで失った経験から小児がんと闘う
     子どもたちの姿を伝え、いのちの大切さを知ってもらおうと体験談集「種まく子供たち」
     の呼びかけ人となる。「よもぎリーフ」の著者でもある。
     その後、テレビドラマ「3年B組金八先生」で「種まく子供たち」が用いられ話題となった。
     現在も子どもたちに生死をやさしく、きちんと伝えることをテーマに活動を行っている。

    ~休憩・移動~  14:30~14:45

     < 交流会 >  14:45~15:30

<「Insheart」(インスハート)ミニコンサート> 15:30~16:00

【お問合せ先】 内藤真澄 Email : nob0314@hotmail.co.jp  Tel : 090-7399-5123

Comments?
ママから情報 : ★サポートメンバー募集★頼り合える地域づくり、一緒にはじませんか?
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2017/7/25 10:07:29 (43 ヒット)
ママから情報

「子供が小さくても働きたい! 」
「もっと社会とつながっていたい!」
「育児経験を仕事にしたい! 」
「子育てで困っている人を助けたい! 」

そんな思いを持つ方がいたら、AsMamaスタッフや地域のお世話役ママサポーターの一員として、
私たちとともに地域に頼り合いの輪をひろげていきませんか?

地域で頼りあいの子育て活動をしているAsMamaが地域で一緒に活動するママサポーターを募集します!
http://www.asmama.co.jp/recruit/mama_supporter/

<ママサポーター活動について>
■主な活動(得意なところからはじめてOK!)
☆伝える活動
 ・頼りあい活動を地域に広げる
 ・AsMamaの頼れる仕組み「子育てシェア」を紹介する
 ・子育てを応援する企業さんとコラボしたプロジェクトを通じて地域の方へ暮らしや子育てに役立つ情報を伝えていく
☆繋がる活動
 ・地域交流イベントの自主開催
 ・支援親子との親睦
 ・子育て世帯を応援したい人や企業と地域親子を繋ぐ活動
☆頼られる活動
 ・AsMamaの頼れる仕組み「子育てシェア」を通じた託児送迎支援の提供
※それぞれの活動に応じて報酬も発生します。

ボランティアとしてでもダブルワークもお子様と一緒に活動もOK!
説明会では活動をじっくりご紹介させて頂きます。是非ご参加下さいね♪

▼詳細&申し込みはこちらから
https://kosodate-share.asmama.jp/events/4849

Comments?
イベント : 西日本初開催!「多言語 ✕ 脳科学」シンポジウム
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2017/7/25 10:07:03 (39 ヒット)
イベント

西日本初開催!「多言語 ✕ 脳科学」シンポジウム

多言語獲得研究とfMRIを使った言語脳科学の視点から、人間のことばとは何かに迫る!
マサチューセッツ工科大学・スザンヌ・フリン教授と東京大学・酒井邦嘉教授による講演会です。


講師に 東京大学・酒井邦嘉教授、MIT・スザンヌ・フリン教授を招き、 ヒッポファミリークラブ西日本主催  「多言語×脳科学シンポジウム」を開催します。

ヒッポファミリークラブの活動は、 たくさんのことば(多言語)を母語のように獲得しながら(自然習得)、 どんなことばにも、どんな人にも開かれた人間を育てたいとの思いから、 1981年にスタートしました。

創立以来36年間、 外国語は勉強するものという従来の殻を破り、家族や仲間と共に楽しみながら ことばを育てあう活動を続けてきました。

その長い活動の中で、確実に多言語の効果を感じ始めてきたころ、 ボストンで長年多言語の研究をされてきたフリン教授、また、 東京大学で言語を科学的に研究されてきた酒井教授と出会い、 多言語習得のメカニズムとその効果を脳科学的に調査する3者の共同研究が 2016年に始まりました。

この研究がこれから大きな改革が予想される日本の外国語教育に 「多言語」という新しい考え方を提案するきっかけになると考えています。

この研究がどのような理論に基づいているのか、 今どのような研究がなされているのか、 について みなさまと考えるシンポジウムを開催いたします。


●イベント名  「多言語×脳科学シンポジウム」
●日時・会場  8月2日(水)14:00~17:00
        福岡市健康づくりセンター あいれふホール
●お申込み方法  フリーダイヤル0120-557-761(平日10:00-16:00)
        又は http://www.hfcw.jp/symposium
●講師      東京大学・酒井邦嘉教授    
        MIT・スザンヌ・フリン教授
●主催     ヒッポファミリークラブ西日本
●定員     250名(先着順、定員になり次第締め切らせていただきます。)
●参加費    大人2000円(小学生~大学生1000円)  
        託児有り(要予約:ひとり500円)
●後援     福岡県教育委員会 西日本新聞社


Comments?
(1) 2 3 4 ... 76 »
Powered by XOOPS Cube 2.2 © 2001-2012 XOOPS Cube Project
© 2004 weblooms! : chatnoir