TOP福岡小学生新聞 We can!大山名人杯第17回全国小学生 「倉敷王将戦」低学年の部 優勝
  • 小学生
  • 将棋

大山名人杯第17回全国小学生 「倉敷王将戦」低学年の部 優勝

将棋日本シリーズテーブルマーク大会/2018年8月5日・福岡国際センター(右が佐藤さん)

夢は中学生でのプロ棋士デビュー!!

 今年1月に行われた、小学生の将棋日本一を決める、大山名人杯第17回全国小学生「倉敷王将戦」。地方予選を勝ち抜いた64名の中から、低学年の部で優勝を決めた北九州市の佐藤広陸さん(大会時小学3年生)。

 広陸さんは小倉将棋センターで週1~2回、それに加え福岡市の日本将棋連盟九州研修会にも月2回将棋の練習に通っています。これまでいろいろな大会で優勝していますが、最近の大会でいつも勝てる6年生に負けたことが、本当に悔しかったそうです。どんな相手にも強い気持ちで勝てるように、普段の練習対局は中高生や大人など年上の人と指すことも多く、何度も年上の人と繰り返し対局するので、大会でも勝てるという自信につながっているとか。

 目指すは、藤井聡太七段のような棋士になること。将来は中学生でのプロデビューに向かって将棋も勉強も毎日がんばると決意を話してくれました。

ページの上へ戻る