TOP福岡小学生新聞 We can!【八女市】豊かな自然と地域の人に囲まれて 30周年を迎えた星野村山村留学センター「星の自然の家」
  • 福岡小学生新聞 We can!

【八女市】豊かな自然と地域の人に囲まれて 30周年を迎えた星野村山村留学センター「星の自然の家」

山や畑に囲まれた「星の自然の家」

 1990年に始まった星野村の山村留学制度は、今年で30周年を迎えました。1999年にセンター方式(寮生活)が始まり、2004年に「星の自然の家」が完成。住み込みの指導員と寮母さんを中心に、地域の人の支えで運営してきたそうです。
 今年は小学4〜6年の留学生9名が、共同生活をしながら、星野小学校に通っています。留学期間は1年間で、自宅に戻れるのは、夏休みと冬休みのみ。テレビもゲームもない生活をしています。沖縄県の6年生の宮里海悠さんは「仲間と鬼ごっこしたり、自然体験をしたり、毎日が楽しい」と目を輝かせました。

今年の山村留学生。福岡県内の他、沖縄県からも参加しています

 満点の星空を楽しみながら、春は茶摘み、夏はヤマメ取り、秋は稲刈り、冬は餅つきと留学生の一年は盛りだくさん。センター長の横溝義和さんは「4月は不安そうにしていた子どもたちも、一年で堂々としてくる。自然体験、田舎体験はかけがえのない思い出になります」と語ってくれました。

ページの上へ戻る