TOP > > 地磁気でリチャージ

地磁気でリチャージ

家を選ぶときの重要なポイントは何でしょう
先日私のセミナーでこんな質問がありましたからご紹介しましょう。

「私は夫と子供2人の4人家族ですが、そろそろ家の購入を考えています。風水的に見た場合、戸建住宅が良いのでしょうか、それとも集合住宅(マンション)が良いのでしょうか?」

もし、みなさんならいかがですか?
物件を選ぶときの条件として…
●仕事先までの距離は遠くないか
●交通のアクセスはどうだろう
●子供たちの学校はどこになるだろう
●病院や銀行、ショッピングセンターなど日常の便利さはどうだろう
●予算を考えると限界があるな
●資産として考えた場合、どちらが有利?
●周辺の自然環境はどうだろう
など、きっと色々お考えになることでしょう。

住宅の取得に関しては個人の価値観が様々ですから色んな選択肢があるのですが、この「風水的に」という立場で申し上げると戸建住宅が有利なのです。
それはなぜか。
庭イメージそもそも、戸建住宅は土地付ですね。これがとても重要で、大地には地磁気というエネルギーがあります。もちろん、良いものも悪いものもありますが、良い地磁気は私たち生物の暮らしにとって、とても良い効果をもたらします。この地磁気の不足はエネルギーの低下となり、体が病気になったり、精神的にもトラブルが発生したりするのです。
その点、戸建住宅は家自体も地磁気を直接受け、更に庭があれば家人の体も地磁気を感じることができるのです。


したがって集合住宅はその分地磁気のエネルギーが弱くなります。その点で戸建住宅が勝っています。
ただこれも例外があって、逆に地磁気の悪い(陰の)場所でしたら、逆に上層階に行くほどマイナスが薄れますから吉と転じる効果が。
交通渋滞イメージ交通量の多い場所や、道路の流れ(カーブ等)が悪い場所、近くにマイナスの要素(お墓や枯れた気の流れる物件など)がある場合、通常4階以上になると悪い気も薄れると考えます。
(ただし、騒音などは上階ほど響く場合もありますが)


風水的に考えた場合、戸建住宅に住んでいる人は大地のエネルギーを直接受け無意識の中で生命力をリ・チャージできているのです。
時には私たちも良い地磁気の場所で裸足になり大地を踏みしめ、地磁気補給をすることをお勧めします。


この記事もおすすめ

ページの上へ戻る