TOPスタッフブログハウステンボスの白鳥
  • スタッフブログ

ハウステンボスの白鳥

DSC_1130.JPG
先日、次号CHA!3(6月25日発売)の取材で、ハウステンボスに行ってきました。
撮影途中、子どもたちは運河にいる白鳥たちの中に、「みにくいあひるの子」、違った白鳥のヒナたちがいるのを見つけ、「わー!かわいい!」といって近づいていくと・・・・
(ハンドルネーム:たんたんミッキー)
親鳥が、目でキッとにらみつけ(本当にそう見えたんです)、ひなたちの前に進み出たかと思うと、「グワッ!グワッ!グワワーッ!」(ちょっと、何見てんのよ、あっち行きなさいよ!、と聞こえた)とえらい剣幕で脅してきたんですねー。すごい迫力でした。 でも、そりゃそうですよね。かわいいヒナを、訳のわからない人間のお子ちゃまから守りたい母鳥の気持ちはよく分かる。。ということで、私たちも「驚かせないようにしようね」と言って、その場を去りました。 さて次に、今度はオスらしき一羽の白鳥がゆらゆら泳いでいたので、また子どもたちは「わー白鳥さんおいでー!」と言って手をたたくと、 こちらに近づいてきたんです。さすが人間慣れしているなあ。。。と思っていたら、近づいた私たちが、何もエサを持っていないことに気づいた途端、 その白鳥は横目で「チッ!」と言ったような表情で(本当に、本当にそう見えたんです)、ぷいっと去っていったのです。 これは、私たちの幻覚なのか。白鳥って、こんなに感情豊かな(というか、態度が分かりやすい)鳥だったのでしょうか。 翌朝、カヌー体験の撮影時に、カヌーの先生に聞いてみたら「そうなんですよ、結構ふてぶてしいでしょ(笑)。ハウステンボス生まれの白鳥たちも多いですから、野生とは違って妙に人間臭いのかも」とのこと。 ちなみにここの白鳥たちは、飛べるのに、飛んで逃げていきません。たまに遠出したり冒険したがる白鳥がいて、その時は捕獲に行くそうですが、やはりエサに困らないこの運河は、彼らにとっては楽園のようです。 ちなみに魚たちにとってもここは楽園のようで、「釣り禁止、鳥のエサのおこぼれあり」のキレイな運河には、チヌやフグ、小魚たちがいっぱいです。ほんと。 ハウステンボス、意外なものに出会える楽しい場所でした。 ハウステンボスほか、夏休みのお出かけ情報など満載の次号「子づれ DE CHA・CHA・CHA!」(6月25日発売)をお楽しみに!!
ページの上へ戻る